>

なぜ英語が重要か

このコラムをシェアする

英語を話せるようになるために

英語を話せるようになるためには、以下の3つのプロセスを素早く行えなければなりません。

1、聞き取る(リスニング)
相手の話を聞き取り、理解する必要があります。

2、文章を組み立てる(ライティング)
相手に自分の伝えたいことを言うために、文章を瞬時に組み立てます。この能力はライティングなどで養うことができます。

3、話す(スピーキング)
考えた文章を正確な発音、抑揚で話します。


そしてさらに、1の前段階として聞き取った内容を理解するためにある程度の単語力、文法力が求められます。
残念ながらしっかりとした英語を話せるようになるためには英単語や文法は必須です。コツコツ学習するしかありません。

日本人のスピーキングが苦手である理由としては、2の瞬時に文章を組み立てることと3の正しい発音をすること、この2点がうまくできない人が多いということがあげられます。
それらの能力はどのようにして身に着けられるでしょうか。

文章を組み立てるコツ

ここでは日本人が英語の文章を作る際に特に気を付けなければならないことについて触れます。

それは、日本語があいまいな言語であるといわれているのに対して、英語が明瞭な言語であるということです。
どういうことかというと、日本語は文章の要点(動詞)をたいてい最後に言う言語なのです。
それに対して英語は、主語の次にすぐ要点(動詞)を言います。ここを意識するだけで英語の伝わりやすさは格段に上がります。

具体的にどうするかというと、英語の文章を考えるときには、まず文章全体の主語と動詞を決めます。
そしてそのあとに詳しい説明を英語で考えればいいのです。
そうすることで、簡潔で伝わりやすい英語の文章を作ることができます。

すこし難しい話になりましたが、
「英語の文章は主語と動詞をまず伝える」
これだけを覚えていただけたらと思います。