>

ちゃんと通じる英語とは

このコラムをシェアする

ピンチ!突然でも英語で話すためには

実際に英語を話さなければならない状況は、突然やってくることがあります。
外国人観光客に話しかけられたり、はたまた突然海外出張を会社から命じられたり…
そういった時には今から勉強しようと思っても手遅れなことも多いです。
そういったピンチを乗り越えるには、以下の方法を用いましょう。

・文法は基本以外気にしない
英語は、主語動詞の順番があっていればたいてい通じるようです。
どうしても英語を話すのが難しい場合は、動詞の時制や認証などを無視して原型のままで伝えてしまいましょう。

・ジェスチャーを使いこなす
ジェスチャーはnon-verbal language(非言語コミュニケーション)といわれるものの中で非常に重要なものです。
道を聞かれたときには指差しや地図を見せることで伝えることができます。

しっかり英語ではなすには

先ほど紹介した方法は、言ってしまえばその場しのぎ的な方法であり、しっかりとしたコミュニケーションをする方法ではありません。
たどたどしい話は、話し相手にとってもストレスとなりますし円満なコミュニケーションを行うことはできません。
それでは、ちゃんとしたコミュニケーションをするためにはどうすればいいのでしょうか。

残念ながら、大した努力なしに英語が話せるようにはなりません。
ここまで英語を話せるようになるコツをお伝えしてきましたが、話せるようになるためには日々の継続した学習が必要なのが実際のところです。

ここからは、日々の継続した学習に取り入れるべき学習法や心構えについてまとめています。
よりネイティブに近い英語を目指しましょう。